【債務整理(任意整理)の流れ】自分でやることはほとんどないです

債務整理(任意整理)を実際にする時、自分自身でやらなければいけないことはほとんどないです。私の場合は弁護士の先生にお願いすることにしましたが、最初に使用している(借金している)カード会社のクレジットカードを持参して、どの会社で大体いつぐらいからどれくらい借りているかを話しただけです。今回は私が実際に体験した債務整理(任意整理)の流れをお話しします。

実際の債務整理(任意整理)の流れの中では自分でやることはほぼないです

実際に債務整理(任意整理)するときの流れは大きくわけて4プロセスです

  1. 無料相談に行く弁護士(or司法書士)をネットで探す
  2. 実際に無料相談に行って、決心したら契約する
  3. 和解が成立するのをしばらく待つ
  4. 支払いが再開される

順番に解説していきます。

1 無料相談に行く弁護士(or司法書士)をネットで探す

なにはともあれまずは無料相談です。債務整理(任意整理)を数多く手掛けている弁護士さんか司法書士さんをネットで探しましょう。以下のポイントだけは絶対抑えてください。

債務整理(任意整理)を多く手掛けているところ
・無料相談をしてくれるところ
・なるべく着手金などがないところ
債務整理(任意整理)に掛かる基本的な料金を明示しているところ

特にポイントなのは、着手金など、そもそも債務整理(任意整理)をする前にお金がかかるとか、借り入れをしている業者一件あたりの債務整理(任意整理)の手続き費用が他よりも明らかに高いというところは注意するということです。 

私がお世話になった弁護士さんは着手金も無しで掛かる費用も分割で支払いできたので依頼主の私にとって負担となるような部分がなかったのでありがたかったです。

もちろん過払い金が発生している場合は、その取り返したお金の中から費用を差し引かれる形になります。

2 実際に無料相談に行って、決心したら契約する

実際に相談に行く段階になるとこちらもかなり緊張します。

私も当然初めての経験だったのでそれはそれはドキドキしました。

別に悪いことしにいってるわけじゃないんですけどね。。。

この無料相談では、借金しているカード会社のクレジットカードを持参して、どの会社で大体いつぐらいからどれくらい借りているかを説明します。

「そんな具体的に覚えてないよ」という人も多いと思いますが、とりあえずどこのカード会社なのかがわかれば大丈夫です。

・過払い金は発生するのか
・一件につきいくら費用がかかるのか
・その費用は分割で支払えるのか
・そのほかになにか費用が取られるのか

などをしっかりと聞きましょう。緊張していると思いますが、このあたりだけしっかり聞いて抑えておきましょう。

説明や条件に納得いけば契約となりますが、もちろん無料相談だけで一旦帰ってから考えてもいいです。

3 和解が成立するのをしばらく待つ

契約が終了すると弁護士(司法書士)から各貸金業社に通達がいきます。

この段階からパタっと督促の電話が止まります。

この瞬間だけでも債務整理(任意整理)してよかった〜〜」と感じますね。

各業者との示談はすぐに終わるわけじゃないのでしばらく待つ必要があります。また複数の業者がある場合は、業者によって和解の成立時期が変わってきます。

とりあえずしばらくは待ちです。

急に督促も支払いも一旦なくなるので、この時期に気が緩んでまたお金の使い方が悪くなる人も多いようです。

今まで溜まったストレスを発散してしまうのかもしれませんね。気持ちはわかりますが。

この時期にちょっとでもお金を貯めたり、今後の返済開始に向けて準備を始めらると、返済期間を短縮できるはずです。

ちなみに私の場合は弁護士の先生と契約してからすべての業者の和解成立までには4ヶ月ほどかかりました。

4  支払いが開始される

和解が済んだらいよいよ返済が再開されます。

ここからは自分が頑張らなければいけないところですね。

和解の内容によって、減額されている人もいれば、そこまで減額はされていないものの、利息がカットしてもらえた人もいるでしょう。

大幅な減額にならなかったとしてもガッカリし過ぎないでください。

 

利息ばかり払って借金が一向に減らなかった今までとは違い、確実に元本がちょっとずつでも減っているというのはとてつもなく大きな変化です

 

もうここからは「終わりの見えない戦い」ではなく「終点が見えている戦い」になります

このように債務整理(任意整理)の全体的な流れを知ることは、債務整理(任意整理)に踏み切るうえでも大切です。

人は流れが理解できていないことにはなかなか飛び込めないからです。

今現在借金で毎月の生活費さえ大変で、債務整理(任意整理)をちょっと考えているという人の参考にしていただければ幸いです。