督促の嵐で精神的に参っている人は債務整理(任意整理)に踏み切るべき

借金生活で1番精神的に参るのって、「お金が足りない」という事実よりも「督促の嵐」なんですよね。これに関しては⤵︎の過去記事でも触れていますのでよかったら参考にしてください

【債務整理(任意整理)の最大のメリット】それはメンタルの立て直しが出来たことでした

実際督促の嵐ですでに精神的に参っている人はなるべく早く債務整理(任意整理)に踏み切った方がいいです。

クレジットカードカードの多重債務の督促は毎日の嵐[債務整理(任意整理)すべき]

今ではもうこのクレジットカード会社からの督促というものから解放された生活を送っている私ですが、多重債務に陥っていた時はとにかく各消費者金融からの督促の嵐が精神的にきつかったです。

正直このレベルにすでになっている人はなるべく早く債務整理すべきです。遅らせてもいいことありません。

クレジットカード会社の督促はこんな感じで展開される

会社によっても違うかもしれませんが、多くの場合月末にクレジットカードの引き落としがかかる人が多いでしょう。そこで引き落としがされない(支払えない)とこのような展開になっていきます。

[月末の引き落としがされない]
       ⬇︎
[翌月の前半に督促状が送られてくる&督促の電話がかかってくる]
       ⬇︎
[電話を無視したりしてると延々電話がかかってくる]

       ⬇︎
[月の後半になってやっと払っても、また次の支払い日がくる]
       ⬇︎
[また本来の支払い日に支払いができない]

       ⬇︎
[また1ヶ月間督促の電話が鳴り続ける]

これが支払いが1ヶ月遅れになってしまう人のパターンです。

支払いが数日遅れの場合だとここまで督促の電話が鳴る展開にはならないわけです。

クレジットカード会社からの督促を無視すべきではないとはいえ。。。

もちろん基本的にはクレジットカード会社からの督促のハガキも電話も無視すべきではないです。とはいえ電話に出て話すと「何日までに支払っていただけますか?」という話しになります。当然ですよね。

正直に「1ヶ月遅れになります!」と言っても納得はしてもらえないので、電話に出ないという本来よろしくない選択になってしまいます。

そうなると延々毎日督促の電話が鳴り続けることになります。

これはクレジットカード会社によって違いがあるのですが、気合の入っている会社は一日に何回も電話かけてきます。

複数のクレジットカード会社で多重債務に陥っていて全部の支払いが1ヶ月遅れだったら、それこそ毎日3社〜4社くらいから督促の電話が入ります。

この精神的ストレスで脳みそが溶けるような感じになってくるんですよね。

こうなってくると、本来冷静に立て直しを図るべきなのに、そういう冷静さや気合いというものがどっかにいってしまう感じになります。

どんどん負のループにハマっていってしまいます。

ひたすら督促が来る状態になったらもう債務整理の準備を始めましょう

このようにひたすら督促がきて、それに精神を病んでいるような状態になっていたら、すぐに債務整理の準備に入ったほうがいいです。

多少無理してでも頑張って働いて節約して債務整理せずに返済していくという気合いのある方は、頑張ってみてもいいでしょうし、その気合いが出せる方であれば督促ループの段階まではならないかもしれません。

しかし収入自体もかなり少なく、毎月のカード会社への支払いをしてしまうとお金の余裕がもうなくなってしまうような状態の人であれば、債務整理に踏み切ったほうがいいです。

早ければ早いいほうがいいので、まずは無料相談を利用しましょう。無料相談をしたからといって、それで債務整理決定というわけではないです。

ちゃんと専門家に相談すると自分の陥っている状態がはっきりわかるので今後どうしていくべきかが見えてきます。

実際私も借金と収入の割合を考えると自己破産も考えたほうがいいと言われました。結果的には任意整理を選んだわけですが、このように自分が思っていたよりも深刻な状況になっていることもあるので、すぐに債務整理に踏み切る気はないとしても、無料相談だけは早い段階でしたほうがいいです。

この記事を読んでいる方でも、債務整理したほうが良いような気配は察している人もいると思います。でもなかなかそこまで踏み切れない気持ちもよくわかります。私もやっぱり同じ気持ちでした。

ですが債務整理(任意整理)したおかげでリセットすることができました。自分としては、無料相談をもっともっと早くしておけば人生のリセットが2〜3年早くできたんじゃないかなと感じています。

人生の貴重な時間を無駄にしないためにも早めに行動することをお勧めします。