【債務整理(任意整理)の最大のメリット】それはメンタルの立て直しが出来たことでした

30代はじめで300万円の借金を抱えて(そのうち200万円が消費者金融債務整理(任意整理)をしましたが、実はわたしの場合は過払い金というのは一切発生しませんでした。ですからよくCMでやっているような「過払い金相談したら100万円返ってきました!!」みたいなドーリムは起こらなかったんですが、それでも債務整理(任意整理)に踏み切ったメリットは大きかったと感じます。

私が感じた債務整理(任意整理)の最大のメリットはメンタル面での効果でした。

債務整理(任意整理)をすることによって崩壊していたメンタルをまずは落ち着かせられた

債務整理(任意整理)に踏み切る直前というのは毎日のように鳴る督促の電話でメンタルが崩壊寸前でした。その状態をまずは一旦脱することができたのはやはり債務整理(任意整理)をしたからでした。それはもうすごい安堵感でしたから。。。

債務整理(任意整理)契約翌日には督促の電話が止んでメンタルが落ちつきました

ついに決心して弁護士の先生のところに相談にいって、そのまますぐ債務整理(任意整理)の手続きを進める契約をしました。

それまで毎日毎日督促の電話がかかってきていて、もうメンタルはぶっ壊れ、ストレスでハゲそうになっていましたが、噂通り(というかシステム的に当然なんですが)弁護士が介入したらその時点で一切督促がなくなりました。ここからしばらくは弁護士と各貸金業社との和解へ向けたやりとりが進められるわけです。

一旦支払いも止まり、督促も止まりますので、ここで信じられないほどの安堵感が私を包みました。もちろんこれで借金問題が終わったわけではなく、まだ始まりに過ぎないのですが、連日の督促の電話は本当に本当に人の心を病ませます。そうなると、冷静な思考力というものが奪われていってしまうんですよね。

こういう時こそ本当は「考える力」が必要なわけですが、もうその力が奪われて、心も身体もかなり疲れ果ててしまいます。そうすると出来ることも出来なくなり、すべきことも果たせなくなってくるという最悪の循環になります。なんかもう防戦一方になってしまうんですよね。それが一旦支払いや督促が止まることによってまずはメンタルの状態を立て直し、この先の問題解決へ一歩を踏み出すことができるようになったわけです。

今すでに多重債務でメンタルが大きく崩れている人は債務整理を考慮したほうがいいです

今現在借金を抱えている人っていうのは当然日本中にめちゃくちゃいっぱいいるわけでして、その中のすべての人が“借金に苦しんでいる”わけではないです。普通に働きながら車のローン返したり、住宅ローンを返したりして、借金があるものの順調に生活し、貯金もしていっている人は大勢います。

しかしことクレジットカードやキャッシングなどで多重債務に陥っている人で、毎月の利息の支払いだけでもかなりの負担になっている方や、支払いをして、そしてまたすぐ借りてを繰り返している方などはかなりメンタルの負担が大きくなっているはずです。

そのような場合にはなるべく早く債務整理(任意整理)を考えたほうがいいです。もちろん場合によっては自己破産を考えるべき段階と状況になっている人も少なくないでしょう。

私の場合も弁護士の先生の介入があって、一旦は支払いや督促がストップしたことによって、そこから一から立て直すための道筋が見えてきました。単純に“過払い金が発生するかどうか”だけでなく、早い段階で債務整理(任意整理)の相談をちゃんとするべきです。相談だけなら無料でできますし、その時点ではまだ債務整理(任意整理)したことにはなりません。きちんと専門家のアドバイスをもらうことによって自分の状況というものが客観的に見えてきますからね。

今回は債務整理(任意整理)の最大のメリットは、借金生活と度重なる督促でやられたメンタルを立て直せる点ということを経験からお話ししました。