新型コロナウイルス時代の借金不安【債務整理(任意整理)を急いだ方がいい人もいます】

債務整理(任意整理)を急いだ方がいいです[新型コロナウイルスと借金]

新型コロナウイルスの経済的な影響がいよいよ広範囲に出てきましたね。本当に不安な思いで冷静に思考できなくなっている人も多いはずです。心配の種はたくさんありますが、借金を抱えている人は特に不安な気持ちに苛まされているでしょう。

急激に借金返済が滞る可能性大です[債務整理(任意整理)を考えるべき時かも]

今回のような経済危機になると住宅ローンを抱えている人が仕事を解雇されたりして支払いを続けられなくなるケースがあります。

新型コロナウイルスに伴って現れている経済的な危機は過去のリーマンショックなどの金融危機とは“一般人の生活に影響が及ぶ速度”が違います。

リーマンショックのような金融危機の場合はまずは金融市場が打撃をうけ、次に製造、そしてサービスや雇用という順番で影響が及んできましたが、今回の新型コロナウイルス危機の場合は金融市場よりも実際のお店やサービスなどがまず止まってしまい、その影響ですぐに一般人の雇用や収入に大打撃が及んでしまいました。

ですから毎月ギリギリでやりくりをしながら借金返済に追われているような立場の方たちはあっという間に返済が滞ってしまう可能性が高いですし、現にそうなってしまっている人も多数いるでしょう。

それで今まで債務整理をせずになんとか利息を払いながら借金返済をしていた人であっても、早急に債務整理に踏み切って少しでもお金の不安レベルを下げておく必要があるかもしれません。

借金の形は色々あります[今回ピンチに陥っている人も千差万別]

私自身も今現在の仕事(リフォーム業)がかなり打撃を受けていて、収入が明らかに減ってしまっています。私は今までに債務整理(任意整理)をして300万円もの借金を返済したのですが、実はまだ国保の未納という“借金”があります。もちろん消費者金融と違って役所の場合はしっかりと話し合う姿勢を見せればかなり考慮してはくれるのですが、やはり「返済しなければいけないものがある」状態で今回の新型コロナウイルス騒動に突入してしまいましたのでかなり不安があります。

とはいえすでに過去の300万円の借金に関しては債務整理(任意整理)をしてコツコツと返済したので、それは本当に良かったと感じています。もしも消費者金融への支払いがまだたくさんある状態で今回のコロナ騒動が起きていたらと思うと結構絶望的な気持ちになります。

今現在消費者金融への返済に追われている人もいれば、シンプルに車のローンや住宅ローンを抱えている人もいるでしょう。私のように役所に対して返済していかなければいけない負債や未納金がある人も多いはずです。

借金のタイプは千差万別ですが、いずれに方もきっと今の世の中の展開を不安に思っているはずです。

借金問題の対処はスピードが命です[新型コロナウイルス時代が進む前に債務整理を]

私自身はある時点で債務整理(任意整理)をすることに決めて、そして実際にそうして本当によかったと感じています。

ですが債務整理をせずに上手に返済を頑張っている方も多いので、必ずしも全員に「絶対債務整理すべきですよ!!」と強く言ったりはしないんです。

しかし今回の新型コロナウイルスが人々の雇用や収入に与える打撃の大きさとその速さを見ると、やはり今の段階で日々の生活がキツいレベルの借金を抱えてしまっている方や、クレジットカードの多重債務でギリギリの生活を送っている方は、一日も早く債務整理に踏み切った方がいいのではないかと感じています。

借金問題の対処といおうのはスピードが命です。自分で解決するにせよ、他人に相談するにせよ債務整理して任意整理や自己破産に踏み切るにせよ、早め早めに情報を集めて動いていくことが重要です。

今現在借金を抱えながら不安な気持ちになっている方皆さんが、なんとかこのWITHコロナ時代を乗り越えられるよう願っています。